マッチング率をアップさせる方法とは

恋活・婚活アプリのマッチング率を上げるテクニックとは

文章

 

個人的にマッチングするときに、年齢でプロフィール画像・文章を変えるのは大事だと思っています。

 

例えばですが、20代のノリで30代後半の方が同じようなことをした場合、おそらくですが、良い評価をしてくれる確率は低いと思います。

 

もう少し詳しく話すと、スノーなどの無料画像加工アプリを探せばたくさんありますが、このアプリを使って顔を加工すると、顔の印象を大きく変えることができます。

 

スタイリッシュにしたり、少し丸みをもたせたり、気になる箇所を削ったりなど、とにかく印象を大きく変えることができます。

 

この画像加工アプリを30代後半で利用すると、あまり印象が良くないことが多いです。

 

例えばですが、僕の場合、同じ36歳の女性がSNOWでプロフィール画像を思いっきり加工していたら、興味を持つ前に引いてしまいます。

 

おそらく、女性の方も僕がアプリで加工していたら、たぶん同じように思われると思いますので、年齢に応じたプロフは必要だと思います。

 

もちろん、友達や彼女・彼氏であれば「楽しい人」「流行に敏感なんだ」など、プラスのイメージなりますが、まったく知らない人だと「ちょっとどうなのかな」という印象を与えることも多々あります。

 

なので、30代は画像編集アプリは利用しない、自然な感じの方が「好印象」になると思います。

 

実際に、僕の友達がやたらアプリで加工した自画像をアップしていますが、マッチング率も物凄く悪いですから・・・。

 

マッチング率アップはプロフ画像・文章の2つ

 

最初に20代と30代で同じことをしても印象が大きく変わることを紹介しましたが、マッチング率アップのために必要なことは、プロフ画像・文章の2つだけです。

 

とてもシンプルで簡単なことですが、シンプルだからこそ難しいという側面があります。

 

マッチングしない人はここを勘違い、または修正しない人が多いので、そうならないためにも、あまり上手く行かないときは、どんどん変更していきましょう。

 

30代のプロフィール画像のテクニック

 

先ほども紹介しましたが、30代以降は変に加工するよりも、自然な写真の方が、マッチング率が高くなります。

 

30代になると良くも悪くも「落ち着いた雰囲気」も大事ですからね。

 

プロフィール画像の自撮りの撮り方ですが、

 

  • 明るい場所
  • 天気がいい日
  • オシャレなカフェ・お店
  • アップ過ぎない写真
  • アゴは上げない
  • 角度が大切

 

といったところが大切です。

 

明るい場所・天気がいい日

 

日光の光や明るい場所で撮ることで、運転免許証のような暗い印象を与えることなく、明るい印象を与えることができます。

 

自然なキレイさをアピールできる・・・という感じです。

 

芸能人やモデルもレフ版を使って光を当てたりしていますが、そうすることでキレイに撮ることができるので、明るさはとても大切な要素です。

 

注意しなければいけないのは、明るい場所は影になる場所もできるので、上手く場所を選んだりする必要があります。

 

ただ、バチッと嵌ったときは相手の印象が良くなる写真になりますので、絶対に暗い場所では撮らないようにしてくださいね。

 

オシャレなお店やカフェなど

 

話題のお店でもいいですし、遊園地やスタジアムなど何でもいいですが、手軽に撮りやすいのがカフェなどです。

 

高い金額を払う必要もなく、ある程度オシャレな店舗はネットで探せばいくらでもできてきますので、そこに行って写真を撮るだけです。

 

店内の雰囲気なども加わり、より印象的な写真が作れます。

 

家の中で撮るよりも印象がいいです。

 

アップ過ぎない

 

なぜか男性で多いのが、アップ過ぎる写真。

 

顔写真は確かにわかりますが、女性はアップ写真が見たいのではなく、全体的なイメージをつかみたいので、アップ過ぎる写真はNGです。

 

もちろん、誰かわからないような小さな写真とかもダメですが、バランスの良い写真だと、その方の顔や表情、雰囲気などもつかむことができるので、この点はポイントです。

 

また、自撮りで取る場合、アゴをあげる方がいますが、アゴを上げてしまうと、顎が強調されてしまったり、顔が大きく見えてしまうことがあるので、写真を撮るときは引いて撮りましょう。

 

最終的には数枚の写真の中から選ぶのではなく、最低100枚は撮るようにして、その中から選ぶようにしてください。

 

僕も300枚以上の写真の中から、いくつかをピックアップしています。

 

たまに男性の方で気持ち悪いという方もいると思いますが、マッチングアプリは「写真でしか判断できない」ので、ここを舐めている人はマッチング率が上がりません。

 

あなたも相手を選ぶときは必ず「写真で選んでいる」はずですから、相手の方も同じだと考えてください。

 

マッチングしない人に限ってめんどくさがったり、あれやこれやと言いますが、良くマッチングされる方は写真はこだわっていますし、男性も女性も人気のある方は、やはり相手に好印象を与える写真の選び方が上手いです。

 

僕のように昔から写真にこだわりがない方は、写真を一杯とってその中でいいものをあげることで、なんとか土俵に立つことができると僕はおもいます。

 

実際に僕は「いいね!」もそれなりに貰いましたし、3ヶ月間でマッチングしてデートできた方は19人もいます。

 

マッチングだけで言えば、40人以上です。

 

マッチングしない人は、このプロフ写真を軽く考えている傾向が高いので、マッチング率をあげるために、好印象を与える写真を撮りましょう。

 

プロフ写真だけでマッチング率は劇的に変わりますからね!

 

プロフィール文章は硬くないように

 

プロフィール文章はきっちり書くことも大事ではあるのですが、お見合いではありませんし、会社に提出するものでもありませんので、あまり堅く書く必要はありません。

 

硬い文章は「マジメな人だな」と思われやすいですが、近寄りがたくも思われるので、少しラフな感じで書いていくと、親しみやすくなります。

 

具体的には、

 

私は○○と申します。
このたび、私のプロフィールを見ていただき、誠に有難うございます。
性格は物静かで、周りの方からは落ち着いているとよく言われます。

 

という文章を書いたとすると、

 

初めまして、○○です。
プロフィールを見てくれてありがとうございます!
僕は性格が物静かで、周りの方には「落ち着いているね」と言われます(^^)

 

と言う感じで、堅すぎない文章を心がけてください。

 

今回、例に出したのはパッと適当に書いたものなのであれですが、こんな感じでラフな感じで書かれるといいと思います。

 

ここで僕がポイントに上げたいのが、

 

  • 感嘆符(!とか)
  • 顔文字

 

というのは、使ったほうがいいです。

 

文章の最後は必ず「。」で終わらせてしまうと、感情があまり感じないらしく、女性ウケがあまりよくありません。

 

とはいえ、使いすぎるのも問題なので、控えめに使ってください。

 

顔文字だとどのくらいの文章になるかはわかりませんが、2〜3個くらいまで。

 

ちなみに僕は2個使ってました。

 

あと、自分のことを「私・俺」と書く方が多いと思いますが、万人ウケする「僕」にした方が安全です。

 

俺は上から目線に感じる方もいるそうなので。

 

女性の場合、例えば「加奈子」だったとして、私のところを「かな」はとか、自分の名前を入れる方はあまり男性に好まれない傾向にあるので、私で統一する方がいいです。

 

プロフィール文章はダラダラ長く書いても良いのですが、女性はあまり文章を読む習慣はなく、雰囲気やイメージで判断するので、そこまで気負わなくても大丈夫です!

 

30代のマッチング率アップはとにかく画像!

 

プロフ

 

最後になりますが、30代でマッチング率を上げるなら、絶対にプロフ画像は必須です!!

 

先ほども紹介しましたが、実際に会って話すわけではないので、プロフ画像からしかイメージできません。

 

恋人・婚活のどちらにしても、「遊びではない」ので、真剣に取り組まないとなかなかいい人と出会うことができません。

 

「いいね!」が来て、喜んだら「まったくタイプと違った人だった・・・」なんてことはよくあることなので、自分が「いいな!」と思った人を恋人にしたいのだったら、やはりある程度の努力は必要です。

 

それでも写真と文章だけなので、これってとても楽だと思いませんか。

 

通勤のときでもプロフは簡単に変更できるし、休憩中とかでもできますよね。

 

30代は出会いが減ってくるので、出会いのチャンスが多いマッチングアプリで、理想のパートナーを見つけてはいかがでしょうか。

 

▼36歳の僕でも彼女ができたマッチングアプリ!
>>30代におすすめのマッチングアプリランキングはこちら